2011 Joy耐

今年もJoy耐を無事に終えました。

Joy耐は毎年夏、栃木県のツインリンクもてぎで行われる自動車の耐久レースです。7時間耐久なので、ドライバーや車の負担も相当な物になります。市販されている車でそのままサーキットを走らせると、数周でブレーキがおかしくなったりエンジンのパワーも落ちたり、いろいろなトラブルが発生したりします。参加する車はそういった問題に対策を施してあるのですが、それでも走行中にトラブルが発生したり、酷い時にはエンジンが壊れる事も・・・。

このイベントは7/8(金)〜7/10(日)にかけて行われたのですが、梅雨明けと重なって尋常でない猛暑の中で行われました。去年も同じ様に暑かったです。

ピットも半端無く暑いし、レース中の車の中は更に高温です。エアコンは付いていないし、内装も無いのでエンジンルームの熱が車内に入ってきます。こうした暑さや熱中症対策も重要でした。

とまぁこんなイベントですが、自身今年で3回目の参加となります。
チームでは去年までの2台体制と変わって、今年は1台での参加となりました。

1台減ったものの、ヘルパーさんが今年は多かった事もあり、いろいろな面で助かりました。走り終えてからもピットの作業をするのはかなり大変でしたので・・・。
それに人数多いと楽しいですね!

レースの方はというと、フリー走行や予選でドライブシャフトにトラブルが出た物の、それ以外は大きなトラブルがありませんでした。しかし4速がちょっと怪しげな感触です。
各ドライバーのペースも良くて本番に期待が持てます。
予選もエースの加藤正将選手が良いタイムを出してくれました。本人的には邪魔が入ってかなりタイムロスしたと言っていましたが、戦うには申し分ない位置です。

決勝は・・・。
割と引っ張ったのですが、ピットインした直後にSCになってばかり、おまけに給油所の渋滞にも巻き込まれました。途中、TKYさんの激走で下の方からかなり順位を上げて期待が持てたのですが、ピットタイミングで全て水の泡・・・。なんなんでしょうこの流れは。

それでも諦めない我チーム、最終ドライバーのエース加藤選手に託すも、15時過ぎてから雷雨に激しい風!!SCが入った後、そのまま赤旗終了となったのでした。

自分はピット裏のテントにいたのですが、激しい雨と風、テントが何度も飛ばされそうになるのを皆で必死で支え・・・本気で浮き上がりそうな時もあって、これは終わったかと思ったけど、なんとか飛ばされずに済みました。隣の無人テントは飛ばされてしまったそうですが、そんなの見てる余裕すら無かったです。本当はテント放置して逃げたかったけど、いろいろ機材もあるのでそうも言ってられなかったのでした。

その間、ピットもこちらのテントも浸水して水位が段々と上がってきます。去年のカート耐久K-taiでも同じ目にあったのですが、今回はそれを超えていました。冷蔵庫やスポットエアコンのコードも浸水しています・・・おおおぃこれマズいよ!?これは元を抜きました。が、たぶん電気が落ちているから大丈夫だったでしょうね。でも再び電気が来た時が怖いから念のため。

テントのすぐ隣のピットは、少しでも浸水を防ごうとシャッターを閉めているので様子が全くわからないのですが。K-taiの経験上大体想像が付いていました。タイヤもぷかぷか浮いていたらしいです。泳げたでしょうねきっと。

しばらくすると空が明るくなり、雨も上がってきます。
水位も下がって・・・助かりました。

去年のJoy耐も実は最後豪雨でしたが、ピットが浸水はしませんでした。
その数週間後のK-taiではピットが浸水。
今回のJoy耐では更に強力なのが来ました。
毎年強力になっていくんですけど・・・。

来年はライフジャケットを用意かな。

では最後に写真を少々。


アルボーさんの88号車とも一緒に走れました。


これが今回、自分が乗った51号車です。


集団で走るとタイムを失いますが、楽しいです。CR-Zがイッパイ!


こんな事もあった様で・・・。


痛いといえば!?