Updates from 4月, 2012 Toggle Comment Threads | キーボードショートカット

  • someeda 18:49 on 2012/04/19 パーマリンク | 返信  

    rvm install 1.9.3 でYAMLがエラーとか言われたのでログを見ると、SSLの証明書に問題があるとか。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    $ rvm install 1.9.3
    ...
    Fetching yaml-0.1.4.tar.gz to /Users/---/.rvm/archives
    % Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
    Dload Upload Total Spent Left Speed
    0 0 0 0 0 0 0 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 0
    curl: (60) SSL certificate problem, verify that the CA cert is OK. Details:
    error:14090086:SSL routines:SSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE:certificate verify failed
    More details here: http://curl.haxx.se/docs/sslcerts.html

    curl performs SSL certificate verification by default, using a "bundle"
    of Certificate Authority (CA) public keys (CA certs). If the default
    bundle file isn't adequate, you can specify an alternate file
    using the --cacert option.
    If this HTTPS server uses a certificate signed by a CA represented in
    the bundle, the certificate verification probably failed due to a
    problem with the certificate (it might be expired, or the name might
    not match the domain name in the URL).
    If you'd like to turn off curl's verification of the certificate, use
    the -k (or --insecure) option.
    ERROR: There was an error, please check /Users/---/.rvm/log/ruby-1.9.3-p0/*.log. Next we'll try to fetch via http.

    rvm の何かが古かったようなので、
    何かを更新したら解決しました。

    1
    2
    3
    $rvm get head
    $rvm reload
    $rvm get stable

    参考:RVM refusing to install and giving non-existant log files?

    何が更新されたんだろ。

     
  • someeda 17:03 on 2009/01/12 パーマリンク | 返信
    Tags: amazon, ec2   

    EC2のConsole 

    アマゾンがEC2をWebで直感的にコントロールできる、コンソールを提供開始したので。少し触ってみました。
    まずはQuickStartにある、このインスタンスを作ります。

    Ruby on Rails Web Starter (AMI ID: ami-b44bafdd)
    Fedora Core 8, 32-bit architecture, Ruby 1.8.6, Rails 2.2.2, RubyGems 1.3.1, Mongrel 1.1.5, and MySQL 5.0.45

    sshでのアクセス用URLが表示されるので、ログインしてみます。
    RubyとRailsのバージョンはこんな状態です。

    [root@ ~]# gem -v
    1.3.1
    [root@ ~]# gem list

    *** LOCAL GEMS ***

    actionmailer (2.2.2)
    actionpack (2.2.2)
    activerecord (2.2.2)
    activeresource (2.2.2)
    activesupport (2.2.2)
    cgi_multipart_eof_fix (2.5.0)
    daemons (1.0.10)
    fastthread (1.0.1)
    gem_plugin (0.2.3)
    mongrel (1.1.5)
    open4 (0.9.6)
    rails (2.2.2)
    rake (0.8.3)
    [root@ ~]# ruby -v
    ruby 1.8.6 (2008-08-11 patchlevel 287) [i386-linux]
    [root@ ~]# which ruby
    /usr/bin/ruby
    [root@ ~]#

    こういうインターフェイスはサードパーティーの物がありましたが。今回アマゾン自身が提供する事になったわけです。無料で使えるのもありがたい事です。これでEC2を利用するのに、大分敷居が下がった感じがします。

    /proc/meminfo と /proc/cpuinfo の出力はこんな感じです。

    # cat /proc/meminfo
    MemTotal:      1747764 kB
    MemFree:       1615412 kB
    Buffers:          5368 kB
    Cached:          48384 kB
    SwapCached:          0 kB
    Active:          51096 kB
    Inactive:        40248 kB
    HighTotal:     1003528 kB
    HighFree:       907368 kB
    LowTotal:       744236 kB
    LowFree:        708044 kB
    SwapTotal:      917496 kB
    SwapFree:       917496 kB
    Dirty:              12 kB
    Writeback:           0 kB
    AnonPages:       37612 kB
    Mapped:           8472 kB
    Slab:             5972 kB
    SReclaimable:     2432 kB
    SUnreclaim:       3540 kB
    PageTables:        792 kB
    NFS_Unstable:        0 kB
    Bounce:              0 kB
    CommitLimit:   1791376 kB
    Committed_AS:   178332 kB
    VmallocTotal:   114680 kB
    VmallocUsed:      1360 kB
    VmallocChunk:   112936 kB

    # cat /proc/cpuinfo
    processor    : 0
    vendor_id    : AuthenticAMD
    cpu family    : 15
    model        : 65
    model name    : Dual-Core AMD Opteron(tm) Processor 2218 HE
    stepping    : 3
    cpu MHz        : 2599.998
    cache size    : 1024 KB
    fdiv_bug    : no
    hlt_bug        : no
    f00f_bug    : no
    coma_bug    : no
    fpu        : yes
    fpu_exception    : yes
    cpuid level    : 1
    wp        : yes
    flags        : fpu tsc msr pae mce cx8 apic mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt rdtscp lm 3dnowext 3dnow up pni cx16 lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8legacy ts fid vid ttp tm stc
    bogomips    : 6502.41
    clflush size    : 64

    ps ax。最初からmongrelが起動しています。

    # ps ax
    PID TTY      STAT   TIME COMMAND
    1 ?        Ss     0:00 init [4]
    2 ?        S      0:00 [migration/0]
    3 ?        SN     0:00 [ksoftirqd/0]
    4 ?        S      0:00 [watchdog/0]
    5 ?        S<     0:00 [events/0]
    6 ?        S<     0:00 [khelper]
    7 ?        S<     0:00 [kthread]
    9 ?        S<     0:00 [xenwatch]
    10 ?        S<     0:00 [xenbus]
    48 ?        S<     0:00 [kblockd/0]
    49 ?        S<     0:00 [cqueue/0]
    54 ?        S<     0:00 [khubd]
    56 ?        S<     0:00 [kseriod]
    76 ?        S      0:00 [pdflush]
    77 ?        S      0:00 [pdflush]
    78 ?        S<     0:00 [kswapd0]
    79 ?        S<     0:00 [aio/0]
    201 ?        S<     0:00 [kpsmoused]
    220 ?        S<     0:00 [kjournald]
    242 ?        S<     0:00 [kauditd]
    267 ?        S<s    0:00 /sbin/udevd -d
    498 ?        S<     0:00 [kmpathd/0]
    504 ?        S<     0:00 [kmirrord]
    522 ?        S<     0:00 [kjournald]
    786 ?        Ss     0:00 /sbin/dhclient -1 -q -lf /var/lib/dhclient/dhclient-eth0.leases -pf /var/run/dhclie
    851 ?        Sl     0:00 rsyslogd -m 0
    855 ?        Ss     0:00 rklogd -x
    864 ?        Ss     0:00 dbus-daemon –system
    874 ?        Ss     0:00 /usr/sbin/sshd
    882 ?        Ssl    0:00 console-kit-daemon
    932 ?        Ss     0:00 crond
    965 ?        SNs    0:00 anacron -s
    999 ?        S      0:00 /bin/sh /usr/bin/mysqld_safe –datadir=/var/lib/mysql –socket=/var/lib/mysql/mysql
    1057 ?        Sl     0:00 /usr/libexec/mysqld –basedir=/usr –datadir=/var/lib/mysql –user=mysql –pid-file
    1092 ?        Sl     0:01 /usr/bin/ruby /usr/bin/mongrel_rails start -e development -p 80 -d
    1104 xvc0     Ss+    0:00 /sbin/agetty xvc0 9600 vt100-nav
    1110 ?        Ss     0:00 sshd: root@pts/0
    1112 pts/0    Ss     0:00 -bash
    1149 pts/0    R+     0:00 ps ax

     
  • someeda 03:21 on 2007/04/06 パーマリンク  

    「プログラム言語」発祥の地:Google Maps 

    Googleマップに自分で編集した地図が持てる様になった。公開している地図の中には、プログラム言語の発祥地をまとめている物もあった。

    The World of Hello World

    アジア地域に唯一輝くRuby。別にナショナリズムがあって自分は使っているわけではないけど、こうやって地図で見るとRubyが貴重な存在に思えてくる。

    他にも言語が沢山あるわけだし、データが集まると良いのだけど。残念ながら作者以外は加筆できない模様。

     
  • someeda 01:08 on 2007/03/06 パーマリンク  

    Mac OS XでRMagickをインストール 

    Mac OS XでRubyの画像処理ライブラリ”RMagick”をインストールする時、本家サイトのとおりに行ったらスムーズにできた。

    Installing RMagick on OS X

    スムーズにできたとはいえインストールする物が多く、大抵の人は面倒に感じるのでは。ざっと並べてみると。

    • X11 (Mac OS X付属CDにインストーラが収録されている。)
    • Xcode ToolsとX11 SDK(Xcode ToolsはADCからダウンロード、X11 SDKはXcode Toolsに含まれている。)
    • MacPorts(インストーラをダウンロードして実行する。)
    • jpeg、libpng、libwmf、freetype、ghostscript(Mac Portsでインストールする。)
    • ImageMagickGraphicsMagick(ソースからコンパイルする。)
    • RMagick(gemでインストールする。)

    自分の場合はこのリストで言うとMacPortsのインストールまで完了していたため、そんなに面倒は感じなかった。 X11やXcode Tools、MacPorts等はMacで開発をしていると必要になる事も多いので、これらをインストールしておいて損はないはずだ。

    実は、自分はもっと別の部分でRMagickのインストールができずに困っていた。原因はFinkでインストールしたImageMagickを使おうとしたからだ。FinkでインストールしたImageMagickではRMagickのインストール時に、”magick/xwindow.hが見つからない” というエラーが出てしまうトラブルに合っていた。

    fink list -i | grep imagemagick でバージョンを確認してみると、imagemagick-devのバージョンが古い事がわかった。ImagiMagickの最新版である6.3.3ではmagick/xwindow.hは収録されていたので、恐らく古いバージョンではこのファイルが無かったのでは?と推測している。

    i imagemagick 6.2.8-1002 Image manipulation tools
    i imagemagick-dev 6.1.8-1007 Image manipulation tools

    ※”fink list -i” は、finkでインストールされたファイルの一覧を表示する。コマンドの詳細は”fink list –help”を参照。

    本来であれば、なぜimagemagick-devのバージョンが古いのかを調べるべきなのだが。今回は時間も無くて、上記の本家サイトの説明にしたがう事で簡単に解決できた。

    本当はFinkでも新しいパッケージが配布されていて、設定さえすればFinkでもインストール可能なはず。安定したパッケージしか扱わない設定なのかもしれない。だからFnkユーザが同じトラブルを抱えても、諦めないで設定を確認して欲しいと思う。

    それにしてもFinkとMacPortsを混在させているのは良くないかもしれない。うーん、どちらが良いのだろう。

     
  • someeda 03:41 on 2007/02/22 パーマリンク  

    PlaggerのRuby版「PRagger」 

    Perlで有名なPlaggerをRubyで作ってしまう、「PRagger」というプロジェクトが立ち上がっていた。

    最近、仕事先に各部署毎のBlogシステムが導入された。・・・のだが、RSSを集約して更新情報を提供するとか、そういうサービスは全く無い状態。RSSなんて知らない人ばかりの会社だし、これじゃぁ誰も使わなくなるのは目に見えている。

    そこでPlaggerを使えば簡単に集計したRSSを作成できると思い、UbuntuにPlaggerをインストールしてみたのだが・・・またもや挫折。実は去年もトライしたのだが、その時も挫折してしまった。CPANでインストールをしない方がいいのだろうか。Subversionでインストールするにしても、いったいどのライブラリが必要なのかさっぱりわからないし。ちょっとした勘違いなんだろうけど、もうちょっと簡単にインストールできたら嬉しいなぁ。折角楽しそうなのに残念。

    そろそろRubyで作り出す人が出てきてもおかしくないなぁ、と思ってGoogleで調べてみると、PRaggerを発見。よくぞやってくれました、えらい!

    http://pragger.ikejisoft.com/

    基本的に標準のライブラリでなんとかしているので、インストールは簡単。しかしいきなりWindowsで動かなかった・・・調べて修正。Tracにチケット発行して修正を提供しようとしたら、数分前に修正されていた。orz

    しかしそれでもまだWindowsで動かせなかった。原因はデフォルトのテンポラリディレクトリに /var が指定されていた事。YAMLの設定ファイルにディレクトリを指定するも、適切な位置ではないらしく動かなかった。でもRubyならわかるしPRaggerはまだコードが少ないから内部の動作がわかるので、なんとかしようという気になる。

    こんな問題があるのもまだ発展段階なので、これは仕方なし。Plaggerの設定ファイルがそのまま動くように互換性も意識しているので。今後が楽しみだ。

     
c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
前の投稿 / 前のコメント
r
返信
e
編集
o
コメントを表示する / 隠す
t
トップへ移動
l
go to login
h
show/hide help
esc
キャンセル